手書き入力とキーボード入力の使い分けについて

 

なんとなく、手書き入力とキーボード入力は使い分けた方がいいのかな、という感じがしている。最近、ぶち当たっている問題は、mac でキーボード入力、というか mac の前にいると、あるところから作業が膠着状態に陥ってしまうということ。

一方、iPad の方で手書き作業をしていると作業のスピードが遅いせいか、なんかイライラしてくるし、全体を俯瞰する作業ができないというか、iPad でのマッピング作業は mac に比べてやりにくく、時間がかかるので、これまた作業が行き詰まってくる。

以上の考察を踏まえると、作業効率の観点から考えると「iPad と mac をうまく使い分けながら作業を進めていった方がいいのではないか。」ということになる。

ごく最近までは mac だけを使って作業していた。しかし、それではある行き詰まりを覚えるようになった。mac で作業するにしても、こうやって文章を作成しているうちはいいのだが、Safari でのネットサーフィンなどをしていると頭がどんどん膠着状態に陥る感じがする。

かといって、iPad の方で手書き作業をやっていても、あるところまでくるとこれまた膠着状態に陥る。たとえば、iPad で作業をしていると「mac の方でマッピング作業をしたい」となり、mac の方で作業をしていると「手書きを使って落ち着いて考えてみたい。」という感じ。

このように考えていくと、原則、mac の Bear または iThoughtsX の方で作業を行い、適宜、iPad の方で手書き作業を行い、Bear や Day One を通じて、mac の Bear や iThoughtsX にデータを移してペーストする、という感じになるのだろうか?

iPad から mac へデータを移す方法はいくつか考えられるが、テキストの方は Bear に直接入力すればよく、一方、画像の方は Bear だと遅いので、Day One を使うということになるのだろう。そこから mac の方で Bear なり iThoughtsX なりに画像をコピペする感じ。

iPad 上でのテキストの処理作業では、Drafts を使って、Byword や iThoughts、Bear にデータを移すことになるが、mac の方でもこれらの作業は可能であり、どちらかといえば、mac で作業した方がいずれも速く終わる。

iPad での作業の場合、最初から Drafts で作業するのなら速く済むが、初期段階では Smart Note で作業することになるので、そうなると Byword 等へデータを保存する際には一旦、Drafts へ移ってから、ということになる。

そのように考えていくと、mac 上では Bear、iPad では Drafts を中心とした作業にした方が本来はいいのかな、ということになるが、いずれにしてもいくつかのツールを使い分けながら、作業していった方が結果的に作業効率が上がり、かつ、気分転換にもなっていいのかもしれない。あまりに使うツールが多すぎると今度は慣れるのが大変ですが。

広告

1件のコメント

  1. tomemo forum でリブログしてコメントを追加:

    (コメント)

    いいね

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。