Parallels Desktop の削除

最近、Windows で作業することがめっきり減ったのと、Parallels Desktop を使っているとどうしても MacBook Air のメモリを食ってしまうので、mac の新しい OS「El Capitan」がリリースされたのを機に Parallels Desktop を削除したので、その覚え書きです。確かバージョンは 9 だったように記憶しています。

Parallels Desktop の削除前後のハードディスクの容量の推移はこんな感じ。Parallels Desktop というよりは、その中に?入れていた Windows 7 の分だけ、mac のハードディスクの容量が増えた感じです。今回の目的はメモリを確保するのが目的だったので、特にこのあたりはどうでもよかったのですが、一応、記録まで。

2015-10-09 18.19.42

comemoarrow

2015-10-09 18.19.49

見方がよくわからないのですが、Windows 7 に関する情報はこんな感じでした。

2015-10-09 18.23.14

Windows 7 を削除するときには以下の画面で「削除」を指定し、

2015-10-09 18.23.53

ゴミ箱に移動」をクリック。将来、また使うかもしれない人は「ファイルを保持する」をクリックしておけばいいようです。

2015-10-09 18.23.57

El Capitan にはないメニューですが、Yosemite にはあった「確実にゴミ箱を空にする」をクリックで、

2015-10-09 18.24.00

作業終了でした。

2015-10-09 18.24.03

これまではインターネットエクスプローラでの閲覧確認等を行うのに使っていましたが、そのシェアがだいぶ減ってきたので、

2015-10-09 at 18.33

そのこともあり、今回、思い切って削除した次第です。いろいろと余裕があればいいのですが、そういうわけでもないのでしょうがありません。数年にわたり、かなりお世話になりました。開発者各位等におきましてはありがとうございました。

参考
広告

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。