発信媒体について

発信媒体についての個人的メモです。

skitched-20141015-102444

私自身はこれまで、ブログ・サイトの作成ツールである WordPress.com を中心に作成してきましたが、ここ最近、これだけではなんとなくまずいな、と思うようになりました。何かが足りない。何が足りないのかと言えば、「気軽さ」とか「フットワークの軽さ」とかいったようなもの。あと、すべてが公開情報であるところの「息苦しさ」のようなものも感じます。そういうことを考えていくと、その他の発信源も確保しておいた方がいいのではないかと思うようになりました。

tlk.io

tlk.io

本来、発信源は一つにしておいたほうがいいのではないか、という考え方もありますが、主要な発信源を明確にしておけば、その他いくつかの発信源を使い分けることで何ら問題ないのではないかと思うようになりました。

主要な発信源に該当するものは、今のところ、ブログであったり、Twitter であったり、Facebook であったりすると思うのですが、私自身はいまのところ、tlk.io というチャットツールを使おうと考えています。Twitter とかだと雑音が多いからです。ネット上での私の所在のようなものが明確であればいいわけですから、tlk.io のようなシンプルなツールの方が逆に何かと好都合のように思いました。

また、スムーズなコミュニケーションを図る上では、ブログなどの一般的には長い文章を必要とされるツールよりも、Twitter やコメント欄などでの短めの文章ですむツールを使った方がいいように思います。ただ、Twitter の場合、リツィート機能のような無為に情報を拡散するシステムが存在するために誤謬もいっしょに拡散してしまうといったデメリットもありますが、いずれそのあたりのシステム上の問題は改善されていくと思います。ですので、将来的には Twitter を使いたいとは思っていますが、いまのところ、無為に拡散される恐れの少ない tlk.io を使っていこうと考えています。

WordPress.com

WordPress.com

一方、WordPress.com については今後も続けていくつもりですが、従来のただ記事を書く、といった使われ方に加え、イラストや写真の長期保存用やデータベースとしての利用も徐々に増えていくのではないかと考えています。現在は、そういった情報を更新・維持・管理する手段が多種多様であるためにユーザー側が混乱していまい、結果的に普及していない面が強いと思っています。そのあたりは今後、徐々に洗練されていくのではないかと考えています。

メール

メール

あと、従来から使われてきたメールは今後も1対1のコミュニケーションツールとして使われ続けていくであろうと思われます。ネットは便利ですが、一方で信頼性に今ひとつ不安があります。その点、メールでの1対1での情報交換は、普段のコミュニケーションのあり方に近く、理屈以前に親しみやすい伝達手段だと思います。最近は LINE や Google+ などの多くの人との交流を円滑にできるツールも普及してきていますが、1対1のコミュニケーション、ベース的なツールとして、メールは今後も君臨し続けることでしょう。

その他、私が最近着目しているのは、これ自体は発信ツールではありませんが、メモとして mac – iPhone – iPad 間でデータを同期できるツールです。最近では同期機能をもつさまざまなツールが出てきましたが、その同期のタイミング等に使いにくさを感じている人も多いのではないかと思います。そういった中、メモツールの場合は、その情報量の少なさが逆に幸いして、同期機能の優れたものが多いように思います。Twitter や WordPress.com、メールなどを使いこなしていく上で、メモ用の各種ツールをうまく使いこなしていくことが、結果的にいろいろなツールの長所をうまく引き出すことにもなるのではないかと、このあたりのツールの技術的な成熟・発展にも期待しています。

広告

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。