iPad から mac へ画像を転送する方法についての検討

iPad から mac へ画像を転送する方法について検討したことについての覚え書きです。

!

2015-02-14現在は、アプリ「Command-C」を試行中です。iPad 3 の方のアプリ「Command-C」を前面にもってこないと作動しないのですが、転送速度はあっという間です。

ネット上の1年ほど前の記事を見てみると、上記のような操作をしなくても転送されるようなのですが、そのときと状況が変わったのか、私の設定に問題があるのか、なんなのか、そのあたりのところはよくわかりません。

 Day One

Day One はもともと日記アプリであるが、テキストデータ以外にも画像やいろいろな HTML 書式も保存可能だし、Markdown 記法にも対応しているということで、私自身は最近、 iPadで作成した文書や画像・ポンチ絵等はすべて Day one の方へ放り込んでいる。実際に iPad のアプリから Day One へデータを移しているようすはこんな感じ。

Day One の方の表示がおかしくなったりすることもあるが、データの方はちゃんと Day One の方へ送られており、その後の macの方の Day One でのデータの読み込みには全く支障がない。そういうわけで、今のところ、 iPad から mac の方の画像を移す方法一番手である。

iPhoto

おそらく、 iPad から mac へ画像を移す方法として最もオーソドックスな方法は iPhoto を使う方法である。実際に作業しているようすはこんな感じ。

Day One のような汎用性・拡張性はないが、Day One が使えなくなった場合の代替候補一番手である。

CloudClipboard

CloudClipboard というアプリを使って、クリップボードを介し、画像のやり取りをする方法もある。実際に作業しているようすはこんな感じ。

ちょっと操作方法や設定が複雑であるが、慣れれば重宝しそうなツールである。

FileDrop

FileDrop というアプリはデータを直接送受信しているような感じである。実際に使っているようすはこんな感じ。

なかなか万能性がありそうですばらしいツールだが、個人的には Day One のような気軽さというか、心地良さがあまり感じられないので、現在、使用はしていません。ただ、いろんな可能性を感じさせてくれる秀逸なツールだと思います。

Parallels Desktop で Windows を使っている場合はエクスプローラからコピペが可能

Parallels Desktop を使って、 mac で Windowsを使っている場合には、 Windows のエクスプローラを介して画像を送受信することができます。

この方法も画像の送受信方法のひとつとしてなかなか捨てがたいものがあるのですが、私の使っているパソコンだとメモリ容量が厳しく、常時、Windows を立ち上げておきたくないという個人的な事情があるので、こちらの方法も使用を見送っいます。ただ、技術的な理由はよくわからないのですが、経験的には iPhoto 等を使うよりも mac に表示されるまでの時間は短いような気がするので、画像をこまめに送信して mac で処理作業をする場合などには有望な方法ではないかと思います。

広告

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。