ブックマークする手段について

ブックマークする手段について、ちょっと考察してみました。

ツイッター

twittercolumn01

あえてソーシャルブックマークとは別枠で。

おそらく、何か思ったり感じたりしたことを書き留めるまでの時間や手間が最も少なく済むであろうツール。使っているとアウトプットが自然と増えるのはメリット。ただし、しばらくやっていると、記録したものがほとんど活用できていないことに気づく。

おそらく、徐々にブログへの回帰現象が起こるのではないかと思う。

再活用しにくいという意味では、ブックマークする手段としてはいまいちだと思う。

ソーシャルブックマーク

はてな など。

ツイッターと同様、再活用しにくい。さらにはツイッターよりもシステムが複雑なので、アウトプットがスムーズにいきにくい。

ただし、いろんな人がどんなことに興味を持っているのか、どういう情報にアクセスが多いのかといったことを視覚的に把握しやすい、というメリットがあるが、そういうことを知りたいのは商売する人であって、少なくとも私はあまり興味はない。とはいえ、多くの人がコメントしているサイトにいくと、何かにぎやかでいいとは思う。

マインドマップ

FreeMind など。

freemindsample03

2011年7月2日現在、ブックマーク手段として採用している方法。

採用した一番の動機は、ブックマークしたものを再活用する率が高いこと。ブックマークする意味があるというものだ。なぜ、再活用にこだわるかといえば、もし、再活用する率が低いのであれば、検索して探したほうが早いケースが多いから。再活用する率が高いと、探すのが早くなるし、それ以上に認識に深みが生まれる、という利点もある。

今後の課題は、画像を貼るのに時間がかかるということ。とはいえ、我慢できるレベルには到達しているので、それほど気にするほどでもない。

ただし、万人向けでないのは、情報が膨大になっても探す速度が遅くならないような整理技術を身につけるには、ある程度の訓練が必要であろうということ。

いくつか超えなければいけない山があると思う。以下、3点ほど列挙します。

マップをキーボード操作を中心として作成できるようになること。

freemindnode06
マウスを使うとどうしても思考が妨げられます。マウスでの作業は極力減らしたいものです。

独自アイコンを使いこなすこと。

freemindicon12
これはかなり重要なポイント。独自アイコンを使うことが FreeMindを使うことの最大のメリットと言っても過言ではないと思う。独自アイコンを使いこなすことで情報の整理がぐっとやりやすくなる。

マップが発散しないテクニックを身につけること。

freemindimage01
たいそうな話ではありませんが、情報が増えていっても探す時間をほとんど増やさないためのコツがいくつかあります。これも外せない、重要なポイントです。

広告

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。